施工について

屋根

ストレート瓦

石質の板の総称で、一般によくコロニアルやカラーベストはこの部類の化粧ストレートに入ります。

最近では厚みのある物や表面塗膜の耐久性の良い物が出ておりますので、一概には言えませんが、塗替えの一つの目安は10年~13年です。

歪みや反り返り等の現象が出てきますと、塗装の何倍も費用がかかる葺き替え工事や重ね葺き替え工事になってしまうケースがございます。

施工:高圧洗浄→ケレン作業(洗浄後の塗膜の浮きの除去等)→棟の釘の浮きの打込み~下塗り(シーラー又はプライマ-)屋根材が劣化し吸い込みが醜い時は2回塗り→中塗り→上塗り

  • ストレート瓦施工前

    施工前

  • ストレート瓦施工中

    施工中

  • ストレート瓦施工後

    施工後

鋼板屋根

大きく分けてガルバリウム鋼板(アルミと亜鉛の合金)と亜鉛メッキ鋼板(トタンと言われる鋼板)に分かれます。

塗り替えの目安は、フッソ等の特殊なコーティングしている物を除けば、ガルバリウムで10年~15年、トタンで4年~6年です。

表面の錆は塗装で対処できますが、錆による腐食で破損等が発生してきた時は、葺き替え工事や重ね葺き替え工事になってしまうケースがございます。

施工:高圧洗浄→ケレン作業(洗浄後の塗膜の浮きの除去等)→棟の釘の浮きの打込み~下塗り(エポキシ系錆止め)→中塗り→上塗り

  • 鋼板屋根施工前

    施工前

  • 鋼板屋根施工中

    施工中

  • 鋼板屋根施工後

    施工後

大きく分けて陶器瓦、セメント瓦、コンクリート瓦に分かれます。

陶器瓦は塗装は必要ありません。棟や面取りのメンテナンスで十分です。

セメント瓦は塗り替え目安は15年前後です。

施工:高圧洗浄→ケレン作業(洗浄後の塗膜の浮きの除去等)→下塗り(シーラー)~下塗り(セメントフィラーでの補強)→中塗り→上塗り

コンクリート瓦、モニエル瓦が有名ですが、塗り替え目安は15年前後です。

施工:高圧洗浄→ケレン作業(洗浄後の塗膜の浮きの除去等)→下塗り(シーラー塗料により不要の物もございます)→中塗り→上塗り

  • 瓦施工前

    施工前

  • 瓦施工中

    施工中

  • 瓦施工後

    施工後

防水

一般住宅ではベランダ床や屋上床に使用されている各種水工事対応しております。

対応防水:シート防水(化硫ゴム系シート)/塩ビ防水(塩ビ系シート)/ウレタン防水(塗布防水)/FRP防水/ポリマーセメント系防水等

現状確認し、トップコートのみ/部分補修+トップコート/改修防水工事/新規防水工事をご提案致します。

  • 防水施工前

    施工前

  • 防水施工中

    施工中

  • 防水施工後

    施工後

棟改修

よく屋根から鋼板が飛んできたケースや屋根の上で曲がっている物があるのは、この棟の下の下地木の腐食により打込んでいる釘が抜けてしまっている場合が多いです。

釘の抜けや浮きだけのケースは打込みで良いですが、下地木が腐食している時は交換をお薦めします。

  • 施工前

  • 施工中

  • 施工後

外壁補修

コーキング打替え

よく外壁の接合部(目地等)に使われる物ですが、劣化してきますと割れや隙間が出来てきます。これは劣化をすると痩せて硬化してくると起きる現象ですが、水の浸入を防ぐ大事なものですので、塗装と一緒にコーキング打替えをお勧めします。

施工:既存コーキング撤去→養生→プライマ-→変成コーキング打込み→均し作業

  • コーキング撤去

    コーキング撤去

  • コーキング打ち込み

    コーキング打込み

  • コーキングプライマー

    コーキングプライマー

外壁補修

モルタル壁:割れがよく見られる外壁材ですが、コーキングのみで補修しますと表面しか埋まりませんし、見栄えも悪くなります。当社ではまずは割れ部にそってUカットしていき、プライマ-を塗装し樹脂モルタルで埋めます。そして最後に周辺のパターンに合わせた模様付け塗装を行います。

RC壁:こちらもモルタル壁とほぼ同じですが、外壁への充填材(エポキシ樹脂)注入が追加されます。

窯業系サイディング:よくあるのが水の含みによる破損。パテで直したい所ですが、一度水を含んだ窯業系は上から処置してもすぐ破損してしまう傾向にあります。状態によりますが部分張替えにて対応します。

  • 外壁補修①

    割れ部カット

  • 外壁補修②

    モルタル補修

  • 外壁補修③

    模様付塗装

油膜浮き補修

塗膜が浮いている部分や密着が悪くなっている部分は撤去してから塗装致します。またそのまま塗装しますと、周辺との違いがでて撤去部が目立ってしまいますので、周辺のパターンに合わせて塗装致します。

マスチック/リシン/ポンタイル/スタッコ調等。

  • 外壁補修④

    塗膜浮き

  • 外壁補修⑤

    塗膜浮きケレン後

  • 外壁補修⑥

    塗膜浮き補修後

外壁塗装

下塗塗装

当社では下塗り材は状態や下地素材によって最適なものを厳選して使用します。また、私共で気をつけているのは外壁材に複数の素材がある場合です。

例えば、窯業系サイディングの目地に塩ビのパッキンが仕様されている場合は下塗りの前に塩ビ用のプライマーを塗装し密着性を高めてから塗装したりと、素材によって使い分けて最適な物をご提案致します。

  • ローラー

    下塗り前の下塗り
    プライマー(ローラー)

  • ふで

    下塗り前の下塗り
    プライマー(ふで)

  • マスチック

    下塗り前の下塗り
    マスチック

外壁塗装

特殊な塗料でなければ3回塗りの手作業にてご提案しております。

1工程毎に塗り残しがないよう、必ず入隅や溝部に刷毛を入れた後にローラーにて塗装します。

ここで気をつけるのは、ムラにならない様均一に、塗り残しがないようにです。

  • 外壁塗装施工前

    施工前

  • 外壁塗装施工中

    施工中

  • 外壁塗装施工後

    施工後

雨樋施工

塩ビの物が多いですが、破損や接合部からの漏れが無いか確認してから塗装致します。

ここで気をつけるのが、ほとんどの雨樋が模様のない平らな面ですので、刷毛目が出ない様に気をつけて塗装します。固い塗料で塗るとボコボコした感じに見えて綺麗に見えませんので。

  • 雨樋施工前

    施工前

  • 雨樋施工中

    施工中

  • 雨樋施工後

    施工後

軒天施工

よく使用されているケイカル板は目地の隙間埋めや釘の打込み後アクリル樹脂で2回塗りでご提案しております。

鋼板や窯業系ボードの場合は密着性を高めるため、プライマーやエポキシを下塗りに入れます。

  • 軒天施工前

    施工前

  • 軒天施工中

    施工中

  • 軒天施工後

    施工後

破風施工

よく使用されているのは、木材/鋼板/窯業系ボードが多いです。

接合部に隙間が発生したり釘の打込み周辺が破損している場合が多いので補修してから塗装致します。

  • 破風施工前

    施工前

  • 破風施工中

    施工中

  • 破風施工後

    施工後

玄関ドア

ガラスを外してムラのでないよう塗装致します。

木部の玄関ドアは染み抜き/漂白も扱っております。

塗装の出来ない素材のものは、外部用シールも扱っておりますので、ご相談下さい。

  • 玄関ドア施工前

    施工前

  • 玄関ドア施工中

    施工中

  • 玄関ドア施工後

    施工後

基礎部

震災後ご要望の多かった基礎部。当社ではポリマーセメント系防水で下地を作り塗装致します。

ひび割れの多くは表面の左官仕上げ部の割れがほとんどですが、基礎自体のひび割れの場合はエポキシ注入等で対応致します。

  • 基礎部施工前

    施工前

  • 基礎部施工中

    施工中

  • 基礎部施工後

    施工後

鉄骨塗装

工程はケレン作業→下塗り(エポキシ錆止め)→中塗り(2 液性溶剤)→上塗り(2 液性溶剤)です。

下地材に錆を安定化させる浸透性プライマーもありますので、ご相談下さい。

  • 鉄骨塗装施工前

    鉄骨施工前

  • 鉄骨塗装施工中

    鉄骨施工中

  • 鉄骨塗装施工後

    鉄骨施工後